シーケンサや組込みCPUを用いた機械制御

シーケンサを用いた機械制御

主に機械制御ではシーケンサ(PLC)、タッチパネルを用いた機械制御が主流ですが、場合によってはオリジナル基板を用いる方法やパソコンとUSB-IOの組み合わせで動かす方法など様々です。

各々処理速度に限界がありますので適切な方法を検討する必要があります。

組込みCPUを用いた制御

kiban160309250i9a2687_tp_v

用途に合わせたオリジナルの基板の作成
ソフトウェア開発を行います。
・研究・開発
・試験装置
・データ取得用基板
・高速演算基板

機械制御 ニーズに合わせたハード選定

開発では『汎用品』を用いる場合と『オリジナル基板』を用いる場合があります。

汎用品のシーケンサやパソコンなどの機器は量産されている為、ハードのコストが安くなるメリットがあります。

デメリットとしては、処理速度などは比較的遅く高速処理には向いていないなどがあげられます。

一方でオリジナル基板は一から設計する為、ハードのコストは高くなるデメリットがあります。

メリットとしては、処理速度など仕様を満たしたハードを作成することができる事があげられます。

タイトルとURLをコピーしました