ストリートビューを通じて

ストリートビューを通じてAKATSUKI SYSTEM SERVICEの取り組み

AKATSUKI SYSTEM SERVICEでは店内ストリートビューの依頼をして下さったお客様にはGoogleマップ以外でも効率的に集客をしてもらいたいのであらゆる角度からの集客を常に考えています。

集客方法の種類

集客方法はたくさんありますよね?
・チラシ
・フリーペーパー(クーポン)
・ホームページ
・クーポンサイト
・SNS(Twitter,Facebook,Instagram)
・LINE@
・YouTube

集客方法(ツール)は無料でできるもの、有料のものがたくさん存在します。

チラシ、フリーペーパー、クーポンについて

これらの場合はターゲットに見てもらうために、すべてに配布する仕組みですよね?

という事は!

ターゲット層が広い場合は効果的ですね!

1世帯に1枚または1冊を配布した場合、世帯の中にターゲットがいればよい事になります。

例えば、飲食店などファミリー向けの業種の場合はターゲット層が広いので効果が期待できますね!

しかし、学習塾などの場合はターゲットは子供がいる世帯になってしまいます。

1,000枚のチラシを配布しても、300件しか子供のいる家庭がなければ7割は無駄な広告になってしまいます。(客単価の兼ね合いもあるので一概には言えませんが・・・)

そして、ランニングコストがかかるのも悩める問題かと思います。

ピンポイントでターゲットに配る事が難しいと言う声もあるのではないでしょうか?

ホームページやSNSなどWEBサービスについて

ホームページ、クーポンサイト、SNS(Twitter,Facebook,Instagram)、LINE@、YouTubeは常に進化し次から次へと新しいサービスが出てきます。

これらのサービスは固定客の囲い込みと新規顧客の獲得の2つに分かれるのが特徴ではないでしょうか?

さらにWEBサービスの場合はターゲット(年齢別)の利用率も知っておく必要がありますよね?

総務省のデータより
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc262120.html

ちなみに上記はインターネットの利用率なので、各SNSサービスよって利用率はこれ以下になります。

SNSサービスの拡散はかなりすごい効果が得られる場合がありますが、○○市にある学習塾がTwitterで何万ものインプレッションを全国規模で獲得しても、あまり意味ないですよね?

インターネット通販などをしている企業は有効だと思いますが・・・。

ホームページの場合、ユーザーは欲しい情報を検索するので内容がマッチすれば有意義な情報を提供している事になりますよね?

その為『検索』は、購入や来店につながる可能性は高くなる傾向があります。

チラシとホームページの比較

・チラシは興味がない人でも見ることがある。
(目に入れば欲しいと思わせる効果が期待できる。)

・ホームページは基本的には検索で表示されないと見られない

ホームページの場合は検索にヒットすれば有効ですがヒットしないとみられないと言う欠点があります。

新規オープンした喫茶店がホームページで集客を狙った場合、まず店名で検索されることはありませんよね?

メニューで検索のヒットを狙う事もできますが、地域とかも考えないといけません。

ホームページは全国、というかは世界規模ですから・・・。

作りたてのホームページで検索上位表示は難しいという欠点もあります。

地域とターゲットを絞った集客は可能?

AKATSUKI SYSTEM SERVICEでは可能と考えています。

まず一つ目はGoogleマップの強化です。

Googleマップでお店を検索している人は、地図上に表示されているどこかのお店に行く可能性が非常に高いです。

地図サービスの利用なので地域は絞られ、しかもターゲット側からの検索です。

どれくらいの数値か知りたい方はこちらを参照してください。

ストリートビュー導入のメリット
店内ストリートビュー導入のメリットをご紹介します。そもそも地図のサービスはよく利用されているのでしょうか?その辺も気になるところなのでまとめてみました。 検索で地図のサービスは利用されるの? Googel...

Googleマップに表示されていないお店、移転したことによって実際の店舗の位置とずれているお店は意外とたくさんあります。

当社では写真を撮って公開しておしまいではありません。

表示されないお店や位置がずれている店舗は申請したり、ここでは詳しくは書けませんが・・・

した方が良い事などアドバイスさせていただいています。

 

二つ目は異業種コラボです。

異業種でもターゲットが同じ場合がありますよね?

Googleストリートビューの店内撮影は店舗型のお店や会社が対象になりますので様々な業種の方にお会いします。

その中でターゲットが同じでも異業種なので競合にならない会社(業種)があります。

そのような異業種がコラボできるように企画の提案や情報発信を行う事で、効率的な集客なると考えています。

当社ではお客様からの相談を解決できるように取り組んでいます。

効率的な集客とは?

情報を得たい人に情報を提供できれば効率的ですよね?

ラーメンを食べたい人にクーポンやお店のオープンのチラシを渡す事が出来れば、ダイエット中の人に渡すよりは来店する確率は上がりますよね?

 

美容院を探している時にホームページで情報が載っていれば比較しやすいですよね?

料金や場所はユーザーは見ますよね?

料金や場所以外にも比較される要素はありますよね?

ちなみに店内ストリートビューは店舗内の公開です。

ホームページに埋め込む事もできますし、埋め込むメリットも実はあったりします。

ターゲットに情報を渡す事が出来るのが一番効率てきではないでしょうか?

 

お問い合わせはこちら

 

ストリートビュー(店内・屋内)
「ストリートビュー(店内・屋内)」の記事一覧です。
店内ストリートビュー事例集
「店内ストリートビュー事例集」の記事一覧です。

 

<ストリートビュー店内版の関連リンク>

ストリートビュー(店内・屋内)の撮影ルール
Googleストリートビューの店内撮影にはGoogleが定める撮影ルールがあり、ルールに沿っていない場合はGoogleによってストリートビューから削除される可能性があります。 店内撮影において基本的な撮影ポイントやその他の撮影ルールを...

 

店内ストリートビューQ&A:よくある質問
ストリートビュー(店内・屋内)版よくある質問 兵庫県川西市を中心にGoogleストリートビューの店内撮影・公開サービスを行っている『AKATSUKI SYSTEM SERVICE』です。 よくある質問では、ストリートビュー(店内...

 

タイトルとURLをコピーしました