川西市商工会から令和初の持続化補助金の案内が来ました

川西市商工会の青年部に所属しているAKATSUKI SYSTEM SERVICEの横田です。

商工会地区は2019年5月22日から令和元年の『小規模事業者持続化補助金事業』の公募が開始しました。

持続化補助金のお問い合わせや御見積りの依頼があるのでまとめておきます。

小規模事業者持続化補助金とは?

持続化補助金の内容はこちらです。

小規模事業者が、商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。

補助上限金額は50万円となっています。

 

「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社<企業組合・協業組合を含む>および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

となっています。

また、持続化補助金の申請は商工会の会員はもちろん非会員でも応募することができます。

川西市の場合は商工会になり、川西市商工会での公募期間は、1次締切が令和元年5月22日(水)~6月28日(金)となっています。

近隣の池田や宝塚の場合は、商工会議所となり、商工会議所の応募期間は、令和元年4月25日(木)~6月12日(水)となっています。

持続化補助金は、事業を営んでいる地域によって『商工会議所』『商工会』と提出する先が異なるようなので注意してください。

また、商工会議所や商工会でも書類を準備する必要があるため、応募の締め切り1週間~2週間前に商工会議所や商工会に提出する必要があるみたいです。

持続化補助金を考えているのであれば、早めに商工会の職員に相談することをおすすめします。

注意事項としましては、持続化補助金は書類(経営計画書)を提出すれば補助金がもらえるのでなく、審査があり採択されれば補助金がもらえる仕組みとなっています。

 

小規模事業者持続化補助金の御見積りについて

当社では下記の御見積りの作成や業者の紹介ができます。

  • ホームページ作成
  • 店内ストリートビュー撮影・公開
  • 業務効率化ソフト
  • チラシデザイン、配布
  • 看板デザイン、設置
  • インターネット広告
  • オフィス移転、レイアウト変更

当社ではWebデザイナー・運送業者・内装業など、異業種の取引も多く行っているので、他にも様々な提案ができるかもしれません。

お気軽に相談してください。

 

小規模事業者持続化補助金は毎年あるとは限らない?

小規模事業者持続化補助金は毎年予算が組まれるとは限らない補助金みたいです。

また、1年に1回しかチャンスがないので応募が多い補助金だと聞いています。

経営計画書を書くことで戦略を整理することもできますし、相談や見積書を作成してもらうことで、こんな集客方法もあるの?と気づきを得られるかもかも知れません。

来年は持続化補助金があるかどうか分からないので、経営画書を書くのは面倒かも知れませんが、上限50万円まで補助されるのは有難いことだと思いますし、チャンスだと思います。

販路拡大に興味がある方はチャレンジしてみてもどうでしょうか?

詳細は下記リンクの応募要領を参照してください。

県連合会(助成金・補助金)
事業者の皆様に経営上役立つ助成金情報をお知らせします。 助成金や補助金情報など行政から届く情報を載せます。
タイトルとURLをコピーしました