Google検索はどれくらい利用されているのか?

Googleストリートビューの店内(屋内)撮影・公開サービスを兵庫県川西市を中心に提供している当社としては、そもそもGoogle検索がどれくらい利用されているのかを記載しておこうと思います。

 

 

 

デスクトップパソコンでの検索エンジンシェア(日本)

2018年3月のデータではデスクトップでの検索エンジンシェア1位はGoogleで67.89%となっています。

Yahoo!も2割以上ありますが、ほとんどのユーザーがGoogleを利用していることが分かります。

1位Google67.89%
2位Yahoo!22.72%
3位bing8.71%

 

参考サイト:http://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/desktop/japan#monthly-201703-201803

 

タブレットでの検索エンジンシェア(日本)

2018年3月のデータではタブレットでの検索エンジンシェア1位はGoogleで66.81%となっています。

こちらもGoogleが一番ですね。2位とはかなりの差が見られます。

1位Google66.81%
2位Yahoo!30.35%
3位bing2.33%

デスクトップの検索エンジンシェアと比較するとタブレットの場合は
Googleは約1%、bingが約6%減り、Yahoo!は8%増えています。

 

参考サイト: http://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/tablet/japan#monthly-201703-201803

 

モバイルでの検索エンジンシェア(日本)

2018年3月のデータではモバイルでの検索エンジンシェア1位はGoogleで72.6%となっています。

モバイルではGoogleの検索エンジンシェアは7割を超えています。
GoogleまたはYahoo!を使用している人がほとんどという事になります。

タブレットの結果と同じくらいかと思いましたがちょっと意外な結果ですね。
Googleの検索エンジンシェアはモバイルが一番利用されているみたいです。

1位Google72.60%
2位Yahoo!26.62%
3位bing0.33%

 

 

すべてのプラットフォームでの検索エンジンシェア(日本)

2018年3月のすべてのプラットフォームのデータでは検索エンジンシェア1位はGoogleで70.17%となっています。

Google検索の利用率が高い事が分かりますね。

1位Google70.17%
2位Yahoo!25.10%
3位bing4.13%

 

 

まとめ

検索エンジンシェアは、どのプラットフォームにおいてもGoogleが一番利用されており、Googleのコンテンツを充実することはビジネスにとって有利になると思います。

スマホやタブレットにおいてもGoogleの利用率が高い為、Googleマイビジネスの強化はした方が良いと言えるでしょう。

しかも、Googleマイビジネスは登録費や月々のコストはかかりません。

店内ストリートビューをきっかけにGoogleマイビジネスの登録をして新規顧客の獲得を目指しているお客様もおられるので興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

 

ストリートビュー屋内版の事例集はこちら

 

<ストリートビュー店内版の関連リンク>

 

 

 

 

ストリートビュー(店内・屋内)の撮影ルール

 

 

 

 

 

ストリートビューを通じて

 

 

 

 

 

よくある質問

 

タイトルとURLをコピーしました